修理は専門業者に依頼

ガラス修理は専門業者に依頼しましょう


現在では業者でなくともガラスの修理が出来るようになりました。
ガラスを個人が業者から買うということもできるようになっていますし、窓枠などに関しても同様です。

またそうしたガラスの交換作業で無く、ひび割れの修理であってもホームセンターに行けば専用のキットが販売されています。
そのためかつてまでと比べると、ガラス修理のハードルは低くなっていると言って良いでしょう。
ただしかしハードルが低くなっていると言っても、誰でも簡単にできる作業になっているわけではありません。
ガラスに関する作業は専門業者に依頼することが最も確実なのです。

ではどうして個人でガラス修理をするのが難しいのかというと、まず交換の場合、ガラスの取り扱いが難しいというのが理由になります。
窓が割れてしまって交換をしなくてはならないという場合、それがある程度小さな窓であるのであればさほど難しくはありません。
サッシからガラスを取り外して周りのゴムを取り除き、新しいものにゴムを取り付け直して戻せば良いからです。
ですが、これがベランダなどの大きな窓になると話は変わってきます。

大きな窓ガラスはそれだけでもかなりの重量がありますし、誤って倒してしまえば粉々に砕け散ってしまうほか、窓枠が床や壁に傷をつけることもあります。
加えてサイズもしっかりと計測して業者に伝えなくてはなりませんし、複数人で作業をするにも息を合わせなくてはなりませんから、誰でも簡単にできるわけではありません。
次にひび割れ修理の場合ですが、これは特に大きな傷をレジンで修復する場合に問題が出てきます。

レジンは一度硬くなると除去することが難しく、跡になっていつまでも残る恐れが大きいのです。
特にホームセンターで売っている修復キットに関しては専門業者が使うレジンよりも安価で質が悪かったり、本来であれば必要な工具を付属させていなかったりと言ったことがあります。
一度そうしたキットでの修復に失敗してしまうと、それが数ミリ程度の傷でも、もう修復できなくなってしまうこともあります。
一度修復に失敗しているものはプロですらなかなか綺麗に直すことはできません。

ガラスに関する作業を素人が行うことにはさまざまな危険が伴います。
誤って大けがをしてしまったり、直せると思っていた小さな傷が原因で結局交換になったりと、リスクは非常に大きいのです。
そのため作業が必要になった場合には、まず最寄りの専門業者を探して声をかけ、直してもらえるかどうかを確認するようにした方が良いでしょう。”