ガラス修理は空き巣予防

ガラスの修理は空き巣予防にもなります


窓ガラスは通常の家ならまず間違いなく使用されています。
よほど特殊な建造物なのであれば一枚も使用されていないこともありますが、人が住む家であれば採光のためにもまず必ず使用されているでしょう。

しかしガラスは使用していけば汚れていきますし、衝撃が加えられたことによってヒビが走ることもあります。
中には粉々になっていないから修理をせずに使いつづけるという人もいるのですが、そうしたガラスの修理は空き巣予防にもつながるのです。

空き巣は全国的に発生する犯罪であり、どの家庭であってもそのリスクはあります。
しかし空き巣からすると、窓ガラスにヒビが入っているような家に関しては簡単に侵入できるだろうと考えることが非常に多いのです。

ヒビが入っているのにそれを修理していないということはセキュリティに関する意識が低い家だろうと予測させるのに十分であり、その予測は、その家からならば簡単に盗んで逃げることができるだろうという判断に繋がります。
そのためヒビが入った窓を放置しているということは、それだけで空き巣被害のリスクを非常に大きくしてしまうのです。

またガラス修理によっては、そうした認識を防ぐ以外にも防犯効果を高める効果があります。
特に最近作られる防犯ガラスに関しては、ドライバーでつつかれた程度では簡単には割れません。
さらに最も防犯性能の高いものになると、バールで思い切り表面を叩いても一度や二度程度であれば耐え抜くことができます。
時間をかければ割ることはできるのですが、空き巣にとって最も嫌な家となるのが、侵入に時間のかかる家です。

窓の前で工具を振り回しているということが見つかればすぐに警察を呼ばれてしまうのですから、侵入を試みて失敗したのであれば、それだけで逃げていくこともありえます。
つまり、ガラスを防犯性の高いものに切り替えるだけで窃盗被害を未然に防ぐことができるようになるのです。

このようにガラスの修理には見た目を整える以外にも様々な効果があります。
こうした防犯機能としてはセキュリティ会社との契約もあるのですが、ガラスに関しては一度交換をしてしまえば、その後何年にもわたって防犯性能を発揮してくれるというメリットもあります。
傷がついて外がよく見えなくなってしまっていたり、ひび割れが発生しているのをそのままにしているガラスがあるのであれば、犯罪に巻き込まれることを未然に防ぐためにも、是非交換を検討してみると良いでしょう。”