ヒビを修理する際の注意点

ガラスに入ったヒビを修理する際の注意点

ガラスにヒビが入ってしまった際には交換を検討することが多くなりますが、実際にはヒビの程度によっては交換をせずとも修理で対応できることがあるのです。
こうした作業はガラス修理作業と呼ばれることとなり、特に自動車のフロントガラスなどでは非常によく行われている作業となっています。
最近だとホームセンターなどにも専用のキットが販売されるようになっているのですが、こうした修理作業を行う際にはいくつかのポイントに注意しなくてはなりません。

その注意点としてまず考えておきたいのが、ガラスは非常にデリケートなものであるということです。
衝撃を加えれば割れやすく、そして一度傷がついてしまうとそれを消すのはかなり困難です。
そのため、どのようなものでも簡単に修理できるのかと言われたらそうではないのです。
特に直すのが難しくなってしまうのが細いヒビが無数に入ってしまっているような状態の傷です。
作業は基本的にレジンと呼ばれる樹脂を使って補修することになるのですが、このレジンは細い隙間にはなかなか入り込んでくれないのです。

中々入り込んでくれないままに乾燥してしまうと、表面は平坦にできても傷跡という形で残り続けてしまうことにもなりかねません。
そのため、ガラスが壊れてしまった時には傷の状態をチェックして、樹脂で直せるかどうかを確認するようにしましょう。
もし直せそうにない場合には下手に手を加えるよりも、全体を交換してしまった方が安く上がることもあります。

また、下手に手を加えないということも重要です。
特にホームセンターで販売されている専用キットを使っての作業に失敗してしまった場合、隙間にレジンが入り込んで固まってしまいます。
レジンが入り込んでしまった後でもドリルで小さな穴をあけて除去をして再度作業をすることもできるのですが、これはプロでも簡単な作業ではありません。
そのため、絶対に成功するという自信が無いのであれば最初からプロに依頼するようにした方が良いでしょう。

このように、ガラスにヒビが入ってしまった場合であっても修理をすることはできますが、誰でもいつでも簡単に出来るというわけではありません。
特にインターネット上だと簡単に出来るといわれることもありますが、これはしっかりとした工具と、普段から工具を使った作業に慣れている人が時間をかけて行った場合です。
普段はあまり工具に触れることが無いというような場合には、下手に手を加えずにプロに任せるようにした方が良いのです。”